和服でいつもとは違う自分になる|最適な商品を選ぼう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物の種類

婦人

振袖と聞いて成人式を連想する人は多いはずです。確かに、成人式に女性が着用する衣装の定番といえば振袖で、レンタルしたり購入するなどして一生に一度の晴れ舞台を盛り上げています。しかし、実は振袖には種類があり、それぞれ着用するシーンが違います。基本的に振袖というのは未婚女性が着用するものであると定義されているのですが、シーン別に着用する種類を変えることで今まで以上にイベントごとを楽しむことができるので、まずは振袖の種類について確認してみましょう。

振袖には、大振袖と中振袖、小振袖という種類があります。大きい着物は袖丈が114センチほどあり、一番格式高い振袖だと言われています。この振袖を着用する相応しい場面は結婚式です。昔から婚礼衣装として使われていた大振袖は、現在でもよく着用されていて、お色直しの衣装として良く選ばれています。次に中サイズの着物ですが、丈袖は100センチほどで、成人式のときに着用されている振袖の多くはこの中サイズの着物です。成人式だけでなく結婚式に出席するときに着用しても良いのですが、場合によっては花嫁のお色直しと被ってしまうこともあるので注意が必要です。そして最後に小振袖です。このタイプは2尺袖とも呼ばれていて、丈袖は85センチ前後しかありません。他のタイプに比べて動きやすいため、卒業式などに着用されることが多いです。また、丈袖の小さい着物は比較的カジュアルな印象を与えることができるので、お茶会やパーティーなどに着用していっても違和感がありません。